脚が太くなってしまう原因は何?

2019年3月5日

『体重は落ちても、太ももだけが細くならないんです。。。』

こんなお悩みをお客様に、これまで数えきれないほどお会いしてきました。

 

 

ダイエット(減量)して体重は落とせたけど、

筋トレを頑張って筋肉は増えたけど

あれこれとダイエットグッズを試してみたけど

 

下半身・脚だけは細くならない、細くなった事がないという方がとても多いのです。

 

 

 

 

綺麗かどうかの判断は見た目のシルエットの印象が大事だと、個人的には思っています。

(なぜから体重は外からはわからないから)

(極端な話をすると、仮に体重が60キロでバランスの取れたシルエットなのと、体重が40キロでも太ももとふくらはぎが張っててシルエットのバランスが悪いのだったら、前者を選ぶ方が多いのではないでしょうか)

 

 

見た目にシュッとしたシルエットになって、

スキニーパンツやタイトなスカートを綺麗に履きこなせるようになったら、

もっと買い物やオシャレが楽しくなるし、鏡を見るのも嬉しくなるし自分にもっと自信が持てるようになりそうですよね。

 

 

 

では、体重・体脂肪率という数値は減ったけど

「見た目のシルエット」に大きな変化がなかったのは何故でしょうか?

 

 

まず、全体的に脂肪量が減ってるはずなのにあまりサイズが変わっていないという事は

太ももが太い根本的な原因は脂肪のつき過ぎではなかった、という事になりますね。

 

 

では他で考えられるのは

 

①必要以上に太ももに筋肉がついている

②太もも筋肉の緊張が強くなって縮こまっている

③関節の動きがスムーズじゃなくなる(硬くなる)事で血流が悪くなっている

④関節のズレが生じる(歪みが生じる)事で血流が悪くなっている

⑤栄養バランスの偏り

 

大まかにこんなところです。

 

 

①②はようするに

「太ももの筋肉を使い過ぎ」ということ。

使わてくても良い場面や動きの時でも太ももの筋肉を使い続けることで、

または筋トレで太ももに効かせる種目ばかりをやってしまうことで

太ももの筋肉が必要以上に増えたり、もしくは「力コブを作りっぱなし」状態になっていると言えばなんとなくイメージできるでしょうか。

 

③④は

「歪むと(姿勢が悪くなると)脚が太くなりやすい」「歪みがむくみの原因の一つ」ということ。

 

③④が起きると①②も同時に起きやすくなります。

 

⑤はカロリーや糖質云々と言うよりは、水分を適切に摂れていなかったり、塩分過多やタンパク質が不足する事で脚はむくんで本来よりも太くなって見えてしまうということです。

 

③④もむくみの原因の一つとなるため、

要するに身体の歪みを整える事が脚やせにはとても重要だという事になります。

 

 

猫背なんかは割と誰でも「姿勢が崩れているな」とわかりそうですが

ぱっと見だけでは専門家以外にはわからない姿勢の崩れ、歪みが実はたくさんあります。

(歪み方、崩れ方は人によってそれぞれ)

 

 

そういう細かい歪み、姿勢の崩れを改善していく事で

脚のラインをスッキリと整えていく事ができます。

 

 

次回は

「脚やせのために、スクワットをやってOKな人とNGな人」

の違いについて書こうと思います。

 

 

CLOVER 李

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です