糖質制限って良いの?悪いの?

2019年5月15日

たまにお客様と糖質制限についての話題になります。

ダイエットやボディメイクをする上で必ず一度は耳にする言葉ですね。

 

 

糖質制限を推奨する人もいれば

糖質制限は勧めない人もいます。

 

 

「どっちが正しい」というより

どっちが自分に合うか(今の身体の状態がどうなのか)、

そしてどういう目標設定をしているかで正解は変わるのでブログではなんとも言えない部分ではありますが

 

 

 

個人的には

糖質制限はオススメしない派です。

 

 

ちなみに自分自身は毎日糖質も脂質も気にせず摂ります。

なんだったらランチで毎回ご飯おかわりしてます。

 

 

 

一言で糖質と言っても色々種類があって

 

しっかり摂った方が良い糖質

脂肪を減らすためには摂らない方が良い糖質

 

があるので

 

そこをしっかり理解しておく事が大切です。

 

 

そして

糖質制限でダイエットに成功する人、しない人の違いって何だろう?

っていうポイントについて個人的な考えを書きます。

 

 

 

まず、ここでの

「ダイエット成功」の定義だけ書いておきます。

→余分な脂肪が減って体重・体脂肪率が減り、さらにその状態を長期に渡ってキープ出来ている事

 

細かく言い出すとキリがないのでざっくりこんな感じ。

 

なので

一時的に痩せてその後すぐにリバウンドするのはここでは「成功」に入れない事にします。

 

 

 

 

 

話を本題に戻して、

 

 

糖質制限で成功する人は

「健康状態が良好で毎日がすっごく元気なコンディション」

な人です。

 

 

身体の調子を10段階で表すと、

10 最高のコンディション・超元気

9 ものすごく元気

8 すごく元気

7

6

5

4

3

2

1

0 可もなく不可もない体調

-1

-2

-3

-4

-5

-6

-7

-8

-9

-10 ものすごく絶不調

 

 

あくまで例えですがこんな感じで、

上に行けば行くほど身体が健康、栄養も十分に足りている状態で、

下に行けば行くほど不健康で体調が悪い状態、栄養が足りていない状態だとしましょう。

 

 

すごくコンディション・健康状態が良い状態の8、9、10あたりの方は糖質制限すると割とスッと落ちるし、急激な爆食いをしなければある程度キープはしやすいでしょう。

 

 

 

逆にこれで言うコンディションが下の方、身体に何かしらの不調がある、栄養が足りてなくて身体が元気じゃない方が糖質制限をすると一時的には落とせてもリバウンドしやすくなります。

コンディションがさらに下の方に行くリスクもあります。

 

リバンドしたからまた糖質制限して、またリバウンドして、、、の悪循環に入るパターンがよく見られますね。

こういう人はしっかり食べるようにする方が実は成功しやすかったりします。

こういう方ほど食べることに対してブロックがあったりしますが…

 

 

 

この身体の調子も主観的なものと客観的なものがあるので一人では判断が難しいところではありますが。

 

 

 

この先も長く健康で綺麗な体型を保つためには

健康状態・身体のコンディションが良好な状態をいかに保ちながら身体作りをしていけるかがすっっっごく大切になるわけです。

 

せっかく綺麗になるなら健康な方がいいですよね。

 

そのためには必要な栄養はしっかり摂らなければいけません。

(○○はしっかり摂って、□□を摂らないようにするなどの食事内容の整理は必要です。何でも食べていいわけではない)

 

 

必要な栄養をしっかりと十分に摂った上で、運動や筋トレに取り組むとより効果も上がります。

 

 

ちなみにレッスンにお越し頂くお客様には

毎日しっかりお米を食べて頂くようにしています。

「あるポイント」を押さえておけば、お米をしっかり食べた方が実は効率良く脂肪を落とす事ができます。

 

 

 

 

こんな感じで、よく耳にする糖質制限についての個人的な考えを書いてみました。

それが良い悪いではなく

「身体の状態がどうなのか?」

で身体の反応は違うので

 

痩せたいから糖質抜こう!

という単純な話にするのではなく、一度こういう考え方をして頂ければと思います。

 

 

CLOVER 李

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です